眺めのわるい部屋〜山奥で木を削る日々〜山奥の村で4匹のウサギと暮らす木工家の製作日記

| CALENDAR | ウサギの本 | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | 連絡先など |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
山桜で看板(表札)作りました 20:14
先日、看板(と言うか、大き目の表札?)の注文があり、
ストックしてあった丁度良い大きさの山桜の板で製作しました。
この山桜、もともとはテーブル用に製材してあったのですが、
乾燥途中でほとんどが割れてしまい、しかたないので生き残った部材を
取り出してストックしておいたもの。
板に挽いた時は幅が70センチを超える大きな材だったのですが・・・。
広葉樹の乾燥は難しいです・・・。

ちょっと余談ですが、山桜などのサクラ類。
独特の色味と肌合いが人気があるのですが、
元々が流通してる量が少なく、貴重な材料です。
そのせいか、雰囲気が良く似ているミズメやマカンバ(カバノキ)などを
サクラと称して売っている事があります。
板になっていると違いが良く判らないのも確かなので、
知らずに売っているならともかく、
関係の無いカンバ類を、堂々とサクラの仲間といって売ってる所には
正直腹が立ちます。

サクラと良く似ているから、
サクラの代わりとして、
そういう理由で使うものであって、
最初からサクラの仲間です、とか
色の綺麗なものをサクラと言います、とか書いてあるのを見ると、
これはちょっと酷いんじゃないかなぁと思ったり・・・。

カンバはカンバで良材なんだからサクラに偽装する必要なんか
無いと思うんだけど・・・。
まぁ、これは最近の事ではなくて昔から(調べると明治時代から!)そうらしいのですが。


閑話休題・・・

すみません、サクラを見る度に気になってるので、つい余計な事を
書いてしまいました。
本題に戻ります。




これが材料になる山桜。
中心部が割れてしまってありません。
この状態で長さ約3尺、幅が約8寸程度、厚みが8分から1寸3分位。
今回は「まっすぐになっていいから赤身の良い所だけで」とのご希望だったので
長さ80センチ、幅21センチで木取りました。





余計な部分を切り落とす為、材をしっかり固定して
丸のこ用のガイドもしっかり固定。
丸ノコで縦挽きってあまりやりたくないのですが、
今回は反りも無く木目も通ってるし、厚みも薄いので丸ノコで。






こんな感じで切り落としました。






これからプレナーで厚さの調整。
8分(約24ミリ)から1寸3分(約39ミリ)位と、両端でかなり厚みの差があるので、ちょいと強引に削ります。






削りかすの山・・・。
燻製が出来る・・・?。






厚みも整い、スッキリ。
長さを調節する為、両端を切り落としたので厚みは結局9分(約27ミリ)ちょいくらい。






欠けたりしたら嫌なので、この時点で軽く面取り。
面取りかんな、こういう直線的な材の場合、非常に役に立ちます。
逆に言うと、自然木では出番はほとんどありません・・・。





カンナで荒削りした後、ペーパーでサンディング。
途中、何度も水拭きしながら傷が残らないように磨きます。






完成品のクローズアップ。
今回は表札なので無塗装仕上げです。
しっとりと脂の乗ったサクラの肌は、
手触りはツルツルで表情はとっても艶やか。





ピンクの肌にほんのりと緑色の筋があるのがお判りいただけるでしょうか?。
サクラ独特の色味です。







あまり手がけない貴重なサクラですが、
やっぱり良い木ですね。
とにかく手触りが最高に気持ちよいです。
しっとりスベスベ、まるで理想のお肌のようです(笑)。




OKランキングに参加しています。クリックして頂けたら励みになります。NG

人気blogランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

| その他 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 父Boo -
イチョウのマナ板を作る 21:30
「幅32センチ長さ50センチ厚み4センチ位のまな板が欲しい」
「普通の真四角のヤツは面白くないので自然木の雰囲気が欲しい」
・・・とのご要望を元にイチョウの板でまな板を作りました。

まな板に適した木も、ヒノキ、朴の木、イチョウ等いろいろ有りますが
ちょうど良く乾いたイチョウの板がストックしてあったのでイチョウに決定。
イチョウ、乾燥が不十分だと臭いがきつくて(要は生の銀杏の臭いです)まな板には問題が有るのですが、
この板は切っても削っても全く問題なし。

イチョウのまな板を購入されるときは、よく臭いをかいでから購入された方が良いですよ(笑)。









耳付きの材だったのでまずは皮むきから。





粘っこくて綺麗に剥がすのは大変でしたが、肌を傷つけないように丁寧に皮をむいていくとこれだけのカスが出ました。





もともと2寸板(約6センチ厚)だったのを、4センチまでプレナーで削ります。
ちょっと削ったつもりでしたが、ビックリする位の削りかすが・・・。
勿体無いといえば勿体無いのですが、あまり分厚くても使い勝手が良くないので
思い切って削りました。





木口の仕上げのクローズアップ。
このあたりの仕上げ方も人によって違うみたいですが、
私はこんな感じが好みです。






面を取る時は、丸過ぎず硬すぎず、すっきりとしてて手には優しい。

写真がイマイチなので判りにくいですが・・・。






右側の長い板が材料になった板です。
6尺(約180センチ)ちょっとの板からこのまな板の部分を切り出しました。
材料の板の右下と、まな板の左上がつながってました。




完成品。
写真のせいでぼやけた雰囲気になってますが、
実物はしっとりとつややかな肌をしてます。

そろそろ良いデジカメが欲しい・・・。

幅と厚みは注文どおり、長さだけは父Booの判断で10センチ長く60センチに仕上げました。
取りにこられたお客さん、実物を見た瞬間から「うわ、すご〜い!」と、
とっても喜んで頂き、なんていうか、製作者冥利に尽きる思いの父Boo、
お値段は?の問いに、おもわず「タダでいいですよ」って言いそうになりました(笑)。

どんなものを作ってもそうなのですが、お客さんに喜んでもらえる事が何より嬉しい父Boo。
途中でどれだけ苦労しようが、大変な事があろうが、お客さんの「良いもの作ってもらって嬉しいわ〜」の声ですべて吹っ飛びます。

今回のまな板、あまりマナ板を使う機会の無い父Booなので、使い勝手等、色々考えながら作っていたのですが、
「勿体無くて使えない」とまで言って頂いて嬉しい限り。
でも、使ってこそマナ板。
傷だらけになったらまた削りなおすだけ、どんどん使ってくださいね。




OKランキングに参加しています。クリックして頂けたら励みになります。NG

人気blogランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

| その他 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 父Boo -
| 1/1 |